憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

認知症と損害賠償 家族を支える仕組みを


10月3日付朝日新聞社説に、「認知症と賠償 家族を支える仕組みを」の見出しで、障碍者の加害事件問題についての記事が載った。
  社説は、「認知症の人が地域で暮らしていれば、徘徊は珍しくない。もし事故が起きたとき、責任を家族だけに負わせず、社会で担う何らかの仕組みが必要では無いか。」と切り出した。
 さらに社説は、愛知県内で列車にはねられ死亡した認知症の男性(当時91)の遺族が、振り替え輸送にかかった費用などの損害賠償として約720万円をJR東海に支払うよう裁判で命じられた。
 8月に名古屋地裁が出した判決は、介護のを決めていた長男に監督義務があるとし、死亡男性の妻(当時85)についても目を離さず見守ることを怠った」と責任を認めた。一方介護の関与が薄い兄弟の責任は認めなかった。損害を受けた側を救済するため、民法の不法行為責任を根拠に、ここまで幅広い監督義務を家族に負わせるの妥当なのだろうか。」と判決に疑問を呈している。
 さらに社説は、「心配なのは、この判決がさまざまな介護現場の家族にもたらす心理的影響だ。介護にかかわるほど重い責任を問われる。それなら家族にとっては施設に入れたほうが安心。施設としてはカギをかけて外出させない方が安全―――という判断に傾きかねない。年老いても住みなれた地域で人間らしく暮らせるようにするのが、この国の政策目標である。判決はそこに冷や水を浴びせかけた。」と、判決に批判的だ。
そして、社説は、「高齢者の介護で家族が大きな役割をはたしているのは事実である。だが、法的にどんな責任を負うかは別問題だ。-中略―損害を受けた被害者の救済は必要である。それと、高齢者や精神障碍者が地域で人間らしく暮らすことと調和させる手立てを講じたい。家族の責任を問う以外に、何らかの社会的システムを設けるべきだ。たとえば犯罪被害者には給付金を支給する制度がある。知的障碍者については互助会から発展した民間の損害賠償責任保険がある。、、、、要介護の認知症高齢者は、2010年時点で280万人。25年には470万人にまで増えると推計されている。事故への備えは喫緊の課題だ。」と、早い対策を求めてる。
 確かに今まで、どちらかというと「要介護者や知的障碍者」などの、権利擁護に世の関心が向いてきたが、誰しも「み慣れた地域で暮らすのが幸せ」との考えが広がれば、「要介護者や知的障碍者」が加害者になることがあっても不思議ではない。その点の、対策が不足していたのだ。と、社説を呼んで、気づかされた。
 
 
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/19785699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2013-10-08 13:26 | 朝日新聞を読んで | Trackback