憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

労働は商品でない

 9月19日付東京新聞朝刊25面に、「本音のコラム」という署名入りの囲み記事がある。筆者は、法政大学教授竹田茂夫氏だ。今日は、この記事で、勉強することにした。
 筆者は、「第二次大戦終息の前年に国際労働機関(ILO)総会で、労働の尊厳、労働者の団結権、貧困解消のための連帯などをうたったフィラデルフイア宣言が採択された。このコラムの表題は、その第一条である。、、、、、、、、 欧州の社会法の泰斗アラン・シュピオ氏によれば、二十世紀に人間は総力戦や全体主義の原材料と化したが、今日の全面市場では人間は利潤を生む資本(ヒューマン・キャピタル)カ、必要に応じて調達するべき労働力商品となる。各国は、労働の規制緩和等で法制度まで売り物にして企業の歓心をを買おうとする。だが、全面市場のグローバル化は押しとどめられない歴史の歯車や自然現象ではない。市場とは本来、法によって規制すべきものだ。規制されない市場の結末はリーマン・ショックで明らかだ。」と指摘した。
 さらに、筆者は、「日本でも第一次安倍政権で雇用流動化のため労働ビックバンが提案されてから、事あるごとに正社員の既得権益や労働市場の硬直性が攻撃されてきた。最近、著名な経営者が雇用自由、つまり労働法の契約法への解消を提言した。再び、労働を市場取引の商品にしようというのだ。」と怒っている。
 記事中にあった「フィラデルフィア宣言を、ネットで探し、初めて読んだ。
 第一条に筆者の引用した(a)労働は商品でない、(b)表現及び結社の自由は、不断の進歩のために欠くことができない。(c)一部の貧困は、全体の繁栄にとって危険である(d)省略、があった。69年前の世界の知恵が、こんにちの日本社会の理解に役立ちそうだ。
 たとえば、(b)は、秘密保護法の理解にかかわり、(a)と(c)は労働の規制改革、格差社会の理解にかかわるようような気がする。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/19692266
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2013-09-21 19:51 | 東京新聞を読んで | Trackback