憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

原発と国会 事故調の提言を生かせ

 9月14日付朝日新聞社説に、「原発と国会 事故調の提言を生かせ」の見出しで、福島原発に対する、国会審議に関する記事が載った。今日は、この社説に学ぶことにした。
 社説は、「五輪の招致にも配慮して延期されたとする閉会中審査は今月27日に開かれることになったが、あまりにも遅い」とおかんむりだ。
 次いで社説は、「忘れてならないのは、国会原発事故調査委員会の報告書だ。衆参両院の全会一致で事故調が発足下のは、11年12月。憲政史上初の国政調査権を持つ独立組織だった。専門家らで構成する事故調は約半年で厚さ3センチに及ぶ報告者をまとめた。事故の根本原因を「人災」と結論付けたうえで、7つの提言が示された。、、、、事故調による原因究明は、原子炉建屋内の検証が困難で、未解明の部分も残った。このため提言は、今後の被害防止や廃炉対策も含め、継続的な調査・審議を続けるための組織として、第三者による「原子力臨時調査委員会(仮称)」を設けるよう求めた。、、、、、規制当局を環視する委員会を常設する提言については、今年一月に衆院内に原子力問題調査特別委員会が設置された。事故調が求めたような審議はほとんど行われていない。、、、、、事故調提言の実現へ、具体的な計画を早急にまとめる必要がある。原子力臨調ができれば、政府の対策に対する検証やリスクの洗い出し、対案の提示などの可能性も広がる。」と、原子力臨調の早期立ち上げとその活躍に、期待をにじませている。
 確かに、社説の主張は、まっとうなものだとおもいます。それを実現する早道は、何故に「国会が動かないのか?動けないのか?」、社を挙げて、紙面を通して、読者に教えて頂きたいと思いました。それで、「国会の不作為」を許さない、世論の渦を巻き起こせないないものでしょうか?
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/19668144
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2013-09-17 07:52 | 朝日新聞を読んで | Trackback