憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

東京五輪 原発への重い国際公約

 9月10日付朝日新聞社説に、「東京五輪 原発への重い国際公約」の見出しで、IOC総会での安倍晋三首相のプレゼンテーションを取り上げた。今回は、この社説に学ぶことにした。
 社説によれば、「安倍首相は招致演説で、汚水問題に「責任を持つ」と表明した。記者会見では、原発比率を下げていき、今後3年間で再生可能エネルギーの普及と省エネを加速させることを明言した。世界に向けた公約だ。、、、「状況はコントロールされている」「汚染水影響は原発の港湾内では完全にブロックされている」ーー国際オリンピック委員会(IOC)総会での安倍晋三首相のプレゼンテーションと質疑応答は歯切れがよかった。、、、、、、だが、この間の混迷ぶりや放射能被害の厳しさを目の当たりにしてきた人には、空々しく聞こえたのではないか。確かに汚染水問題で国が前面に出る体制は整えたが、うまく汚染の広がりを食い止められるかはこれからだ。、、、
 現状と自らの取り組みを率直に公開し、世界の知恵を借りながら対策を講じていく謙虚な姿勢こそが、国際的な信任につながることを忘れてはならない。、、、、、 
 事故からすでに2年半を経とうとしている。どのように原発比率を下げていくか、再エネ、省エネの普及をどんな手立てで実現するのか。将来像を語り、具体的な道筋を示すことが首相のつとめだ。
 日本での五輪開催の決定は、そうした取り組みを促す契機になってはじめて、ここらから喜ぶことができる。」と、東京五輪開催の喜びも、条件付きの喜びのようだ。
 社説の主張は、いちいち納得できる。
 国の総理大臣が、世界に向かって約束したこと、特に「原発がらみの発言」は、発言通りに実現しないと、日本国民が世界的に「恥」をかくことになる。これが東京五輪の一丁目一番地ではないでしょうか?
 そして、訪れた世界中の人々に、平和憲法、治安の良さ、食べ物のおいしさ、謙虚さ親切さなどの精神文化、様々な日本の素晴らしさを「土産」に持って帰ってもらえないものでしょうか?
 これこそ、日本人の平和外交、安全保障ではないでしょうか?
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/19657786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2013-09-15 12:07 | 朝日新聞を読んで | Trackback