憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

「徴兵制」を

 9月1日付東京新聞朝刊29面に、こちら特報部に「本音のコラム」という署名入りの囲み記事がある。筆者は北海道大学教授山口二郎氏だ。
 「徴兵制」を、の過激な見出しに驚いた。筆者は、「安倍政権の下で、憲法改正や戦争準備が画策されている。今の日本が直面している危機を真剣に受け止めるならば、そんなものでは生ぬるい。もっと徹底した動員体制が必要である。日本人の生命と安全にとって、また国際社会における日本の信頼性にとって、最大に危機は福島第一原発の底知れぬ核汚染である。汚染水の流出について東京電力は情報を小出しにするだけで、原子炉の状況について、真相はいまだに明らかになっていない。今頃になって政府が乗り出すと言い出したが、具体的な知恵はない。日本がこの問題を収拾する能力を持っているかどうか、世界は懐疑の目で見ている。」と指摘した。
 続けて、筆者は「この状況を打開するには、放射性物質を封じ込める根本的な対策を取るしかない。その作業には放射線被ばくが付きまとう。だから、徴兵制が必要である。」と過激な提言をする。
 さらに、筆者は「ただし、この場合、余命が少なく、今まで原発の恩恵を受けてきた高齢の人間、それも政府や企業で政策決定に当たった人から十番に徴兵すべきである。」と、現在および過去の日本の指導者が、ショック死しそうな提案だ。
 筆者の極めつけの提言には、「被爆のために病死した人は、名誉の戦死として顕彰すればいい。」というおまけまでついている。
 提案は物語としては、冗談としては面白い、提案の「徴兵制」は「懲役制」に読み替えたほうがピッタシのような気がしました。ただ、現実には、対象がだれであろうと、基本的人権は保障されなければならないと思います。
 この、筆者の提案にたいする、為政者の感想を聞きたい気がしました。歴史的によくある例は、戦争など危険な状況を作った原因者と、その犠牲者・被害者がいつもことなるような気がしてなりません。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/19584455
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2013-09-02 20:12 | 東京新聞を読んで | Trackback