憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

イスラエル、予備役を招集

 8月30日付朝日新聞13面に、(エルサレム=山尾有紀恵氏)の記事が載った。
 記事によれば、「イスラエル政府は28日、安全保障に関する閣議を開き、隣国シリア情勢に対応するため、予備役1000人を招集することを承認した。情報や防空部門に配置されるという。イスラエル軍放送が伝えた。
 シリアは、米国などの攻撃を受けた場合、米国と事実上の同盟関係にあるイスラエルを攻撃すると示唆している。
 ハアレツ紙によると、イスラエル政府は同日までに、ミサエル防衛システム「鉄のドーム」をイスラエル北部の2か所に追加配備することに決めた。それに加え、弾道ミサエル対応の「アロー」なども稼働しているという。イスラエルがシリアから占領しているゴラン高原では27・28の両日、集中的な軍事演習が行われた。
 ネタニヤフ首相は28日の声明で、「日常生活を変える必要はない」と述べ、国民に冷静な対応を呼びかける一方「我々はいかなるシナリオにも準備はできている。イスラエル市民を脅かす者には強く反撃する」とも述べ、シリアをけん制した。」とのこと。
 近年、エルサレムを独り歩きし、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の三大聖地を訪れ、どこでも、敬虔な祈を捧げてきた。そして、まず感じたことは、イスラエルは日常的に本気で「戦争している」国だった。そして、また、会えた人は「親日的」だったイスラエル、警察車両が「日本車」だったイスラエル、を体感した。
 そんな感覚・視点で、この記事を読んだ。続報が楽しみであるとともに、イスラエルが戦争をしないことを祈った。おりしも、今日の朝のニュースで、オバマ大統領は、シリア攻撃を決めたとのこと。あとはアメリカ議会が戦争以外の道を選択することを期待するしかない。こんな時、日本政府は何をかんがえているのだろうか?
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/19576337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2013-09-01 11:15 | 朝日新聞を読んで | Trackback