憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

戦後68年と近隣外交  内向き思考を抜け出そう

 8月15日付の朝日新聞社説、「戦後68年と近隣外交  内向き思考を抜け出そう」、との見出しで、終戦を扱った記事のが載った。
 社説は、「その日までの日本はアジアで広大な領域と様々な民族を支配する帝国だったこと。掲げた看板は「大東亜共栄圏」。日本が欧米からアジアを解放すると唱え、太平洋戦争を「大東亜戦争」と呼んだこと。 当時は日本人だったはずの朝鮮人や台湾人の保護責任もあっさり放棄したこと。アジアを率いる指導者面しておいて突然、知らん顔をする。それが68年前の実相だったこと。」を指摘した。
 また社説は、「中韓首脳にとって、歴史は、貧富の格差など国内問題から国民の目をそらす手段にもなる。だとしても、そんな思惑に対抗するかのように日本もナショナリズムの大衆迎合に走ってしまっては悪循環は止まらない。」と関係悪化を懸念している。
 最後に社説は、「アジア抜きに日本の未来は語れない今の時代こそ、じっくりと考えよう。「お隣」は今なおなぜ、怒り続けているのか、と。」と締めくくっている。
  確かに、社説の言うように、多くの日本人にとって、「戦争の光景とは、日本各地の惨状」ではないでしょうか。戦中に日本で生まれた小生にとっては、敗戦後の物不足が、戦争体験でした。まして、いまの指導的立場の人は、もっと若いはずですから、いまさら戦争責任といわれても、という気持ちの人が多いのではないでしょうか?しかし、社説の指摘のように、引っ越すことのできない「地球上のお隣さん」が、今なお怒り続けているわけです。この現状を変えるには、日本側からは、官民を挙げて、相手の「怒り」に対する理解を深め、相手の怒りを助長することは一切しないこと、平和憲法下の日本の実情を相手国・国民に分かってもらう不断の努力をすること、が必要なのかもしれません。
 また、社説のような意識を持った、指導者が、選ばれるような「仕組み・選挙制度」をつくるまでは、メディアは権力者に警告を発し、国民を啓発し続けるしか、近隣諸国との危機回避の道は、ないのではないでしょうか?
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/19475497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2013-08-16 15:06 | 朝日新聞を読んで | Trackback