憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

麻生氏の発言 立憲主義への無理解だ

 8月2日付朝日新聞社説に、「麻生氏の発言  立憲主義への無理解だ」との見出しで、麻生副総理の「ナチス」発言にたいする記事が載った。社説では「憲法改正論議にからみ、ナチスを引き合いに出した麻生財務相の発言が波紋を広げているとのこと。麻生氏の発言によって、侵略や大虐殺の歴史を忘れず、乗り越えようとしてきた人たちを傷つけ、これに対する日本人の姿勢について大きな誤解を世界に与えた責任は極めて大きいこと。ヒトラーは巧みな演説で国民を煽動し、まさに狂騒の中で台頭した。首相に就任すると、国会の同意なしに法律をつくる権限を政府に認める全権委任法を制定。これでワイマール憲法は実質的にに停止されたが、「ナチス憲法」なるものができたわけではないこと。また、当時のドイツでは、ワイマール憲法に定める大統領令の乱発が議会の無力化とナチスの独裁を招き、数々の惨禍につながったとのこと。」と指摘した。社説は最後に、「安倍首相は「ナチスに学べ」と言わんばかりの発言をどう整理するのか。前言撤回で幕引きを図るのではなく、きちんとけじめをつけなければ、まともな憲法論議に進めるとはおもえない。」との見識をしめした。さて、安倍総理・自民党はどうするのか?朝日新聞社説の「見識」を、彼らが持っている集団であるとは、思えないのですが?
 若いころ、ナチス・ヒトラーのことをしりたくて、ナチス・ヒトラーと書いている本を片っ端から読み漁った記憶があります。が、今回、 社説を読んで、ワイマール憲法とナチス・ヒトラーの関係が、すこしわかった様な気がしました。しかし、今どきの「政治家の弁舌力」、ネットはじめ「情報の多様化」、戦争後の「国民主権の定着」等を考えれば、そう簡単に、特定の誰かが・特定の集団が、日本で「狂騒」を起こし、日本で「ファシズム」を起こせまいとは思っておりますが。甘いでしょうか?
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/19405947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2013-08-04 11:08 | 朝日新聞を読んで | Trackback