憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

 経済気象台~成熟国家と参院選(行燈)~

  7月6日付け朝日新聞朝刊14面に、「経済気象台」という「署名記事がある。この記事の欄外に、「この欄は、第一線で活躍している経済人、学者など社外執筆者によるものです。」という断り書きが添えられてある。
 たまたま、朝日新聞の「経済気象台欄」、の「成熟国家と参院選」という見出しをみて、記事を読んで、考えさせられた。筆者は「行燈」氏だ。
 記事で筆者は「頭では理解できても、なかなか精緻な分析とその対策、そして行動に移せないことがある。「成熟国家・日本」の将来展望」である。 」とはじまり。
 「シニア世代も、若者世代へのしわ寄せを避けるためにも、医療負担の引き上げも前向きに考えていくべきだとか。社会インフラストックの再生や維持・管理については官民連携による効率的なサービス提供で国民負担の削減を図ることが不可欠だとか。国家財政の健全化という命題に折り合いをつけるたためにも、規制緩和や個人資産の活用を検討すべきだ。」と具体的な政策の提起をしている。
 最後に「各党は、成熟した国家像を明確に描き、国民に示してほしい。多くの世代が尊重しあいながらも自立的な生活ができるような成熟モデルを示す政党に期待する。」と締めている。
 私は自分にとって、、今の日本を「世界一住みよい国」だと思っています。自然も、文化も。ただ、今の日本を「成熟国家・日本」といっていいのだろうか?成熟というと、あとは腐るだけというイメージがわくのですが?
 そして、学者らしい「筆者」が、頭で理解できていることが、まず、どこの政党も「頭」で理解できていないのではないでしょうか?ですから、のっけから、各党に成熟した国家像を、明確に描くことなど、ないものねだりもいいところではないでしょうか。
 原爆が日本におとされて以降、世界的規模の戦争という破壊が無くなって、68年。戦争による地球的破壊のできなかった人類史。その中でも、日本は戦争をしない国家を維持・存続してきた世界唯一の「自由・平和」国家です。私には、筆者を含め日本の学者・文化人こそ、今日の「日本の問題点」を熟知しながら、次の人類の「成熟世界の展望・叡智」を紡ぎだせる、位置にあるのではないかと思われてなりません。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/19201404
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2013-07-06 19:35 | 朝日新聞を読んで | Trackback