憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

区割り再可決~国会丸ごと不信任だ~

 6月25日の朝日新聞社説と同日東京新聞社説に、小選挙区「0増5減」法につての意見が載った。
 朝日新聞の社説は「区割り再可決~国会丸ごと不信任だ!!のみだしで、こんな泥仕合を見せられては、与野党丸ごと不信任を突きつけたくなる。」と怒り、併せて「国会はつまるところ、最高裁から「違憲、選挙無効 」の最終通告を突きつけられない限り、なにもできないのか。」と嘆いている。
 同日付の東京新聞の社説は「0増5減成立~弥縫策を繰り返しては~の見出しで、改正公職選挙法が成立した、しかし「一票の不平等」解消にはほど遠い。国会は抜本改革に踏み込まなかった怠慢を猛省すべきだ。」と不満を表している。
 両社説の怒りや不満、それに異論をはさむ余地はないと思います。そのうえで、これは立憲政治が機能していない「現状」とみるべきではないかと思います。国会・国会議員は「自治能力」を持たず、司法・裁判所は憲法の番人としての「自覚と責任」を喪失している、いわゆる「民主主義・立憲政治」の危機か?それとも末期か?
 この状況打開にいま残された唯一ともいうべき、「突破口」は、この秋に見込まれている「昨年の衆議院選挙をめぐる無効訴訟の最高裁判決」ではないか。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/19057721
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2013-06-26 05:08 | 朝日新聞を読んで | Trackback