憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

朗読舞台~反戦の声届ける

 6月18日東京新聞17面、放送&芸能のページ。毎年夏の女優たちによる朗読「夏の雲は忘れない ヒロシマ・ナガサキ1945」(夏の会)。出演者柳川慶子さんは「生活の一部として「戦争反対」と言い続けることが大事。「ごまめの歯ぎしり」と言われるかもしれませんが、こういう手段しかないのです。」といっておられる。
 また、演出の堀越大史氏さんは「軍隊でいつも朝の点呼に遅刻していたという水木さん。理由はすこしでも長く寝ていたかったから。やっちゃいけないことをやってします。凄いことだと思う。」と紹介し、また氏は「徴兵を忌避したことで知られる三国さんについては、逃げることは人間らしい。」と話される。水木さんも三国さんもすごい個性の持ち主だなあと、おもいました。思いは共有できても、自分が何をどうすればよいのかわからいが、取り合えず、俳優座音読公演「運命とは個性である」を聞きにいってみるか?
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/19005559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2013-06-18 19:36 | 東京新聞を読んで | Trackback