憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

小選挙区制、大失敗だった

 6月13日(木)朝日新聞朝刊4面「証言^政治改革20年^河野洋平元衆院議長」。記事の中で「小選挙区は大失敗だっだ。選ばれるのは金太郎あめばかり。」の見出しを見て、おやっと思った。自民党総裁として「河野洋平」氏は、細川首相と小選挙区制導入で合意した。その本人が「小選挙区制は大失敗です。」といわれるからだ。
 河野洋平氏を国会で見たのは「衆議院文教委員会」を仕事で傍聴した青年のころ(今からおおよそ45年前)
だ。そのころから、性格の良い人だと思ってきた。今からでも、けして遅くはないと思います。
 河野洋平氏には「小選挙区制」廃止の運動をしていただきたいなあと思いました。
 死票をなくし、民意がもっとも多く正確に、政治に反映できる方法は、直接民主主義の手法を政治にできる限りおおく採用することではないでしょうか?
 また、つくった人たちの意図は別として、国民総背番号制、国民投票法等は、市民国民による「直接政治」に準備された制度のような気がしてなりません。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/18971725
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2013-06-14 19:03 | 朝日新聞を読んで | Trackback