憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

東京新聞社説で”、消費増税は延期すべきだ”

 6月2日の東京新聞社説で「消費増税は延期すべきだ」の見出しで、税収を上げるのに大事なことは「まず経済を立て直す。日本経済を安定軌道に乗せる。それに尽きます。」と主張。そして、「まずは今明るさが出てきた景気の勢いをしっかり根付かせることが重要です。これまでのところ、アベノミクスは成果を挙げています。しかし、消費税引き上げを急げば、せっかくの景況好転が台無しになってしまうかもしれません。」と警告を発している。
 私は、税金・保険料を払えることを、幸せだと思っています。税金で、消防も警察も海上保安庁も自衛隊も、まかなわれています。税金と併せて保険料で、病気の治療、老後の年金が賄われています。
 おかげさまで、健康で、安全で、普通にくらしてきました。
 消費税は所得税・市民税・固定資産税・県民税・保険料等の社会負担をしない「階層」にも、平等に「賦課」されるので、比較的公平な税金だと思います。しかし、税金は例外なく公平に負担し、脱税や益税や免税はなくすべきと思います。負担すべきものは、国民みな同じように負担し、結果の「実質的不平等」は社会福祉等別途の給付で対応すべきとおもいます。
 何よりも、社会的負担の「洗い直し」をし、本当に国民全員が負担しなければならない「公費」を厳格に精査する必要があります。世の中に「全く不要なもの」は、何一つありませんが、民主党政権のときやった「仕分け」の徹底が必要だとおもいます。それが、決まった後で、誰がどれだけふたんすべきかの「税負担」を決めるべきと思います。今日は、結果責任が全くあいまいにされたまま、「マイナスのしりぬぐい」を人の言い「国民全体」が背負わされているような気がしてなりません。そろそろケジメをつけましょう。ケジメを!!
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/18904281
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2013-06-04 19:05 | 東京新聞を読んで | Trackback