憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

成長戦略ー脱原発にこそ芽があるーーに賛成

 6月1日朝日新聞社説は、安倍政権が近くまとめる成長戦略に、「原発の活用」が盛り込まれる見通しだとのこと。この「見通し」に対し、先回りして意見・提言をしている。結論は「成長戦略とは、中長期にわたる日本経済の「新しい方向性」を示しものだとし、”脱原発依存こそ成長の道あり”と位置づけるほうが、日本の優秀な技術や人材を最大限生かす場が見えてくるのではないか」と遠慮がちな提言をしている。
 3.11の福島原発事故の後始末ができていない、被災地「浪江町の住民の集団訴訟」が起こる状態で、成長戦略で「原発活用」などという発想が出ることが不可解としか言いようがない。
 不思議に思い、産業競争力会議の議員名簿をみた。これは経産省主導の会議ではないでしょうか?議案は経産省の役人が作成し、議員は結果として、それを承認して「議案に、第三者としてのオスミツキ」を与える役割を担わされているのではないか?
 朝日の社説の「提言」は、私も”大賛成”です。しかしその期待も、ない物ねだりのような気がしてなりません。
 朝日新聞社には、脱原発の経済効果を、国際的視野で解説できる「学者・文化人・経済人等」を発掘し、政治・経済・文化・社会面等、紙面をあげてキャンペーンを展開し、「脱原発社会の達成」に向けた「一大国民運動・国民啓発」の原動力になっていただきたい、と期待いたしております。これも所詮ない物ねだりなのでしょうか?
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/18893031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2013-06-02 17:42 | 朝日新聞を読んで | Trackback