憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

小平市住民投票不成立、、残念だが。

 5月27日東京新聞朝刊一面「三人に一人の声ひらかれず 、、小平市住民投票不成立、、、、50%要件届かず、、」の見出しで、記者の気持ちが、よくわかります。残念でした。でもご苦労さんでした。
 解説(北爪三記)では、後出し50%条項は投じた人の意思を封じるものであり、住民投票の趣旨が損なわれたと、批判している。また、小平市議会内には「市西部にある道路について、市内全体に意思を問うのは適当でない」との声もあったとのこと。また、投票率50%の成立要件があるため「投票しないのも一つの選択肢」という声もあったとのこと。
 わが故郷、新潟県西蒲原郡巻町で、議会や町長の「後出し条項追加」があったが、1996年8月4日「原発建設の是非を問う住民投票が実施され、反対が有権者数の53.73%(投票率88.29%)、その結果、東北電力が原発断念せざるをえなかった。 里帰りするたびに、感謝しています。そして、誇りにさえ「今は」おもっています。
 今回のケーエスを反省し、粘り強く、運動を続けてほしい思います。まずこの条例に基づく「今回の処置、開票せず」が、憲法違反として「最高裁の判決」をださせるきっかけにできたら、すばらしいと思います。、
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/18859040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2013-05-27 20:45 | 東京新聞を読んで | Trackback