憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

東京新聞社説「橋下市長発言ーーあまりにも非常識だーー」

 5月16日(木)東京新聞朝刊社説上段に、慰安婦問題に対する「橋下大阪市長」の発言が俎上にあげられ、掲載された。
 橋下大阪市長は、「戦時中に軍の規律を維持し、兵士に休息を与える慰安婦制度は必要だった」との見解をしめしたこと。
 橋下大阪市長は、「海兵隊の性欲をコントロールするために、風俗業を活用した方がよい」とも発言したとのこと。
 社説の結論は、「橋下氏の発言は過去の戦争を反省して平和を構築する、被害者の苦しみを受け止め語り継ぐというー普遍的な価値観ーに完全に逆行するものだ」、と糾弾している。全国紙のいくつかと比較しても、見識のある見解だと、感心しました。
 ですから、東京新聞の結論には、共感できます。が、日米戦争を推進した側の人たち、およびその遺族の中にも、また戦争の被害者およびその子孫の中にも、過去の戦争を「全く反省してない」人々が、残念ながら多くいるということではないでしょうか?
  橋下市長ははじめ、これに賛同・同調する人のなかには、被害者の苦悩・苦痛について、同じ人間としての想像力・感性が欠如しているのではないでしょうか。
 また、橋下大阪市長の「風俗産業」への軽いタッチは、氏の生活習慣そのものに由来しているような気がしてなりません。
 しかし、橋下大阪市長はじめその同調者も、みながみな、堂々と「選挙の洗礼」をうけ、有権者の支持を多数集めて「権力の座」に座っていることを忘れてはいけないと思います。
 また、 夕方のテレビニュースで、憲法調査会での政党の「憲法前文」対する、見解が放映されていました。
 なかで、どの政党の国会議員の誰も、「戦争(国家間の戦い・国家による殺人)は人間の悪行」だとは、思っていないようでした。
 わたくしは、常に「権力の座にある人」は、一命を賭して「戦争」をとめるという信念で、憲法改正も憲法擁護も、行政も司法も国会も、取り組んでくれれば、日本は「世界一幸せな国民の住む」国に、なるとおもっています。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/18783015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2013-05-16 19:54 | 朝日新聞を読んで | Trackback