憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

社説、、「橋下市長‐ーこれが政治家の発言か」

橋下大阪市長の以下の発言が、国の内外で批判されている。
  旧日本軍の慰安婦について「必要なのはだれだってわかる」とか、
 沖縄の米軍普天間飛行場の司令官と会談した際「合法的な範囲内で風俗業を活用してほしい」と進言したとか。
 「貧困から風俗業で働かざるを得ないという女性はほぼ皆無に。皆自由意思。だから積極的に活用すればいい」などとネット上で繰り返した。
 石原慎太郎維新の会共同代表は、「軍と売春はつきもので、歴史の原理みたいなもの」と橋下氏をかばっていること。
 松井一郎大阪府知事・維新の会幹事長も、「そういう問題を建前でなく、本音で解決するために言ったと理解している。」と話したとのこと。
 朝日新聞の社説のは、「この党には、橋下氏をいさめる政治家はいないのか。百歩譲って本音で解決するためというなら、何をどう解決するのか。」示してほしい、と主張している。
 朝日の社説の主張は、共鳴もできるし、正鵠をえているとおもいますが。
 できることなら、このような権力者が何故次から次へと「誕生」するのか、特報でも組んで明らかにしてほしいとおもいます。
 少なくとも、選挙という「関門」を彼らは堂々とくぐり抜けてきています。
 選挙の時、彼らをマスコミはあげて、事あるごとに記事に取り上げ、当事者の「露出度」・「アピール度」を加速度的にアップさせ、その結果ほとんどの権力者はその地位についてきたのではないでしょうか。もちろん選挙の仕組みが最大の理由だとはおもいますが。
 しかし、なんといっても、権力の座に就く人は、徳が必要不可欠だとおもいます。
徳なき人を、権力の座に据えない、そんな仕組みをつくる手立てを、社を挙げて追及してほしいと思います。
 半世紀近く朝日新聞に期待し、購読している読者の一人として。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/18771235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2013-05-15 19:26 | 朝日新聞を読んで | Trackback